らくだの日記

読んだ本の感想や、書いている小説についてのあれこれを語ります。

先月読んだ本。

 先月読んだ活字の本は、「自生の夢」のみ! でも楽しく読書しました。

2017年3月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1159ページ
ナイス数:62ナイス

犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物感想
かわいいー!前作「動物ぽんぽん」よりも作り方がわかりやすい!これなら失敗の恐れも少なめにやれるかも。使う毛糸が前作より細いのでよりリアル。柴犬と秋田犬作りたいなー。前作「動物ぽんぽん」をやる気も俄然湧いた。
読了日:3月30日 著者:trikotri
親愛なるA嬢へのミステリー(1) (KCx)親愛なるA嬢へのミステリー(1) (KCx)感想
小説を書けなくなった小説家と読書好きの女子高生の組み合わせがモリエサトシっぽい。作家だけど探偵、しかも自分の作品が原因で悪意を呼び事件を引き起こす能見と、あっけらかんとした女子高生綾乃がなかなか魅力的。面白かった。
読了日:3月24日 著者:モリエサトシ
星くずドロップ(1) (KCx)星くずドロップ(1) (KCx)感想
絵やタイトルのフォントがかわいらしかったので買ってみた。かわいい感じの少女漫画。お年寄りや動物の描き方が昔の少女漫画みたいにふわっとしている。内容もふわっとしていて強烈な印象は残らないかな。でもまあまあ好きなので全四巻読んでみる。
読了日:3月24日 著者:小嶋ララ子
自生の夢自生の夢感想
面白かったなぁ。話としては「海の指」が一番印象的なのだけど、「星窓」の非実在の姉、連作の重要な登場人物アリス・ウォン、間宮潤堂は特別面白い設定と性格だった。私は小説(たまにSF)を書くけど、こういうSF小説は一生かかっても書けない気がする。
読了日:3月20日 著者:飛浩隆
鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2感想
面白かったー!二頭目の猫アルフは特に美猫だなー(写真あり)。笑えるし楽しいし、飼える気はしないけど猫っていいなと思う。
読了日:3月13日 著者:鴻池剛
最新 軍用銃事典最新 軍用銃事典感想
面白そうなところなどを軽く読んだ。なかなか面白い。ノーベル賞のノーベルはダイナマイトを発明したけど、「ダイナマイト・ノーベル社」という会社が今あって、新しいタイプの弾薬を開発したりしていることに驚いた。
読了日:3月9日 著者:床井雅美

読書メーター

 「犬ぽんぽん」が楽しかったです。材料と道具をちまちま集めている途中ですが、いつになるやら。でも読むだけでも充分楽しいですよ。
 「自生の夢」は「海の指」という中編くらいの作品が一番楽しかったかな。考えたことのないことを考えさせられる感じがSFって感じでした。
 あとは漫画とか小説の資料とかですね。

 小説は書き始めました。「COLORS」。なかなか楽しい出だしです。暗いですけど。でも今は職場で受けたダメージを和らげるのに精一杯で、あと読書が楽しいのでもう少しかかりますね。
 どんな仕上がりになるんだろ! たのしみ。

 今読んでいる本はブラックウッドの「心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿」です。面白いのでみんな読んでほしい。