らくだの日記

読んだ本の感想や、書いている小説についてのあれこれを語ります。

今まで作った表紙デザインをまとめてみる(GIMP時代)。

 たくさん表紙デザインを作ったうえ、普段の記事についでっぽく載せてきたので、ブックデザイン系のカテゴリを立ててそこに表紙デザインについての新しい記事を入れていくことにしました。
 とりあえず、今までのデザインから。これは久生十蘭の「キャラコさん」を青空文庫からデータを借りて製本した時のもの。

 これは坂口安吾の中でも気に入っている作品を二作まとめたときの表紙。

 これは梶井基次郎の掌編集を作った時のもの。

 室生犀星の「蜜のあはれ」を作る機会があったら、と夢想して作ったペーパーバック表紙。

 久坂葉子の厚めの本を作るつもりで考えた表紙。

 ここまでは作家ありきの表紙デザインでした。続いて自分の作品の表紙。これは「アリスの糸」。未使用。

 これは「チカの街」試作品。今見ればこっちのほうがすっきりして素敵かもしれません。

 テキレボ委託本番での「チカの街 他一篇」。

 帯つき。

 ここまでは全てフリー画像編集ソフトのGIMPで作りました。GIMPは写真の明るさや鮮やかさを編集できるのはいいのですが、表紙づくりには不向きでした。というわけでしばらく飽きてました。
 続いての記事ではドローイング系ソフトのInkscapeを使って作った表紙に行ってみようと思います。