らくだの日記

読んだ本の感想や、書いている小説についてのあれこれを語ります。

先月読んだ本。

 二冊しか読んでない!

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:583ページ
ナイス数:51ナイス

“少女神”第9号 (ちくま文庫)“少女神”第9号 (ちくま文庫)感想
面白い!現代日本では誕生することが難しいであろうまさしく現代アメリカのティーン向け小説で、ゲイの少年とつき合っている少女の話や、両親が二人とも女性である女の子が父親を探しにアメリカを旅する話などある。「マンハッタンのドラゴン」「ピクシーとポニー」「ウィニーとカビー」のような仕掛けのある話もよかったが、「トゥイーティースイートピー」のような幼児期のひと夏を描いた短い作品もいいなと思った。比喩がポップだったり、刹那的な生き方のティーンネイジャーを描きつつも、重みのある短編集だった。
読了日:3月22日 著者:フランチェスカ・リアブロック
不思議屋/ダイヤモンドのレンズ (光文社古典新訳文庫)不思議屋/ダイヤモンドのレンズ (光文社古典新訳文庫)感想
しばらく集中力がなくて読むのに苦労したけど、振り返ってみれば面白かった。勧善懲悪のハッピーエンドなのは気持ちがいい。気に入ったのは中国を舞台にしたファンタジー「手品師ピョウ・ルーが持っているドラゴンの牙」と、飢え死に寸前なのに明るく振る舞う夫婦の食卓を描いた「ハンフリー公の晩餐」の二つ。他の作品もテンポが速くて無駄がなくよかった。著者オブライエンの経歴もなかなか面白い。
読了日:3月12日 著者:フィッツ=ジェイムズオブライエン

読書メーター

 今は「こちらあみ子」読んでます。すごく引き込まれます。