らくだの日記

読んだ本の感想や、書いている小説についてのあれこれを語ります。

書いた。

 「蜂蜜製造機弐号」の一年生編が終わったら書く予定だった競作の作品、ちょっと書いてしまいました。何だか重い気持ちで「蜂蜜製造機弐号」を書ける感じではなかったもんで……。原稿用紙にちまちまと。うちはパソコンが一台しかないので、年賀状やら仕事ならで使用中のそれの順番を待つより原稿用紙に書いたほうが早いんですね。あるいはケイタイで書くか。多少手は疲れますが書けないよりはマシです。
 しかし私は宣言と違うことばっかりやってますね。自分で勝手に宣言したのだとはいえ、何か気まずい……。でも疲れちゃったので今日は「蜂蜜製造機弐号」書けない……。
 参ったね。