らくだの日記

読んだ本の感想や、書いている小説についてのあれこれを語ります。

2013-08-21から1日間の記事一覧

無題。

眠りが浅くて目が覚めてしまいました。 今年は計画的な創作をしていません。「すし詰め電車の王国」は計画的な連載じゃないからなあ。七月から体調が戻ってきたけど暑さで書けなかったし今も暑いし。図書館に行けば涼しくて静かで捗るだろうけど、原稿用紙を…

言葉の話。

普段方言しか話さない上に標準語を聞く機会がないので、小説の文章がところどころ変であるようだ、という話は前に別の場所でしました。今回は会話文に限っての話。 標準語圏の人の会話がよくわかりません……。方言小説ばかり書くわけにはいかないので、地方が…

ケルトの音楽。

何気なくレンタルしたCDがなかなかいいです。深い森のケルトアーティスト: オムニバス,マット・モロイ,レイ・グラハム,ジャミー・マクメネミー,ボタンズ・アンド・ボウズ,アルタン,ロビー・オコンネル,シーマス・コノリー,ジャラルド・トリンプル,ジョン・ア…

聖剣伝説。

さっき記事に書いたケルトの伝統的音楽。スーパーファミコンソフトの「聖剣伝説」シリーズでいくつか流れていたことを思い出しました! 私は「聖剣伝説2」のプレイヤーだったのですが、そういやポポイ(操作できる主要なキャラクター)って妖精だったし、「…

「夢宮殿」面白いです。

そこには、選別室、解釈室、筆生室、監禁室、文書保存所等が扉を閉ざして並んでいた。国民の見た夢を分類し、解釈し、国家の存亡に関わる夢を選び出すこの機関に職を得た青年は、その歯車に組み込まれていく。国家が個人の無意識の世界にまで管理の手をのば…